あっぱれ後

三年生を送る会。
由乃ちゃんの手品・志摩子の日舞・祐巳ちゃんの安来節。そして、祥子の屈託のない笑顔。
予定外で驚いたが、どれも楽しませてもらった。全く、聖もやってくれる。

ひとしきり笑った後、今は和やかに談話しつつお茶をいただいている。
「あれ?もうお茶なくなっちゃったの?」
「ああ、じゃあ私が淹れるわ。みんなまだ飲むわよね?」
聖の発言に江利子が応えて席を立つ。

「そんな、お姉さまにやらせるわけには」
「いいのよ令。最後なんだから、やらせてくれない?」
立ち上がりかけた令を、江利子は珍しく殊勝な口調で嗜め座らせる。
「お姉さまがそういうなら……」

江利子のやつ、いったいどういう風の吹き回しだろう。
まあいいか。色々思うところがあるんだろう。そう、なにしろこれで最後なのだ。
私は深く考えずに席を立った江利子を見送り、祐巳ちゃんと祥子に視線を戻した。
二人とも、幸せそうに笑っちゃって。
少し妬けるが、満足感と幸福感のほうが断然大きい。
ありがとう、祐巳ちゃん。よく頑張ったね、祥子。心の中でそっと言う。


「はい、お茶が入ったわよ」
江利子が席に戻る。

「……令、あなたが一番最初に飲んでくれない?」
「え?」
「私がここで淹れる最後のお茶だろうから……。あなたに一番に飲んで欲しいの」
「あ……、はい。いただきます」
「ありがとう」

本当にいったいどういう風の吹き回しだろう。
江利子は由乃ちゃんがピリピリするのを完全に無視して、
優雅な仕草で、それでいて嬉しそうに浮き立つように、令のカップにお茶を注いでやっている。
まあ、こういうのも江利子らしいと言えるかもしれないけれど。

「いただきます、お姉さま」
令が真面目くさった顔で再度言う。
なんとなく、部屋全体がシンと静まりかえり、全員が令に注目する。

令はしずしずとカップに口をつけ……
目を瞑ってぐい、と一気にカップをあおり、喉をニ・三度鳴らし……

「ぶーーーーーッ!!」
おもいっきり吹き出した。
そして吹き出したものはちょうど正面にいた私に雨のように降り注いだ。


「あらまあ令ったら。それでも私の妹?はしたないわねえ」
「ちょっちょっちょっ、おねえさま!何するんですか!ていうかこれは何ですか!お茶じゃな……」
「令、それは蓉子のセリフでしょ?こんなにかけられちゃって……。もうお嫁にいけないじゃない」
「そ、そうじゃなくて……いや、それは申し訳ないんですけど……」
「なら、ちゃんと謝りなさい」
「ご、ごめんなさい……。……じゃなくて!」

……令が江利子に口で勝てるわけがない。埒があかないので、令がしたいであろうツッコミを私がしよう。
「いいのよ、令。それより江利子。これ……お酒じゃないの?」
さすがに顔にかかると匂いでわかる。
「え、お酒!?令ちゃんに!?」
なぜか由乃ちゃんが素っ頓狂な声をあげるが、それどころではない。江利子を問い詰めるのが先だ。

「そうよ?紅茶にブランデーを少し多目に垂らしてみたの。いい香りでしょ?」
全然悪びれない。それにこの匂いのキツさは「少し」「多目に」「垂らした」なんてものじゃない。
令もまあ、よく気付かずに飲んだものだ。雰囲気に飲まれたのだろうか。

「そういう問題じゃないでしょうが。ここは学校なのよ。それに私達はまだ卒業してない。
 そのことをよく自覚するべきだわ」
全く、お茶を淹れるとか令に一番に飲んで欲しいとか、どうも様子がおかしいと思ったら。
こんなことを考えていたなんて……。
「相変わらず蓉子は固いんだから」
「固いとかそういうことじゃな……」
「み、みんな、逃げて!はやく!」


反論を由乃ちゃんの大声で遮られてしまった。
「令ちゃんから一歩でも離れて!」
「ちょ、ちょっと由乃ちゃん。いったいどうしたの……」
「令ちゃんは酒乱なんです……!しかもお酒が入ってるとまるで別人みたいに上手くて……!
 だ、だから、酔いが回るまえに、はやっんんくっ」

まくしたてる由乃ちゃんの唇はいきなり立ち上がった令に塞がれた。

江利子を除いた一同は唖然として固まってしまう。

「んんーーっ!!」
由乃ちゃんは暴れて抵抗するが……令は気にせず唇をついばんだり、顔を斜めに向けて深く合わせたり。
「うわ、すご……」
隣で聖が目を丸くしている。私だって同じ感想だ。
こんなの……初めて見た。呆然と二人を見ていることしかできない。

由乃ちゃんの抵抗はどんどん弱くなっていき……やがて完全になくなる。そこで令はやっと唇を離した。
「由乃みたいなカワイイ女の子がそんな大声をあげちゃいけないよ……?」
艶然とほほえみ、由乃ちゃんの頬に指を這わせる。まるでホスト。バックに薔薇が咲いている。
「うん……ごめんね、令ちゃん……」
陶然と頬を紅潮させ目を潤ませ応える由乃ちゃん。

陥落。
その二文字が頭に浮かんだ。


「じゃあ、次は祐巳ちゃん……」
「ふえぇっ」
小犬のように一歩あとずさる祐巳ちゃんの前に、祥子が親猫のように立ち塞がった。
「……の前に祥子かな?」

令は微笑みを絶やさずゆっくりと祥子のほうへ足を進める。
「れ、令、しっかりなさいよ!」
「祥子こそ。顔、赤いよ?由乃とのキスみて、感じちゃった?」
上から優しく見下ろして、頬に触れた。令が身長を生かすところを初めて見たかもしれない。
「……い、いやっ」
「そんなに怖がらないで……。祥子のことなら、なんでも知ってるから……」

「気持ちよくしてあげる」
「ぅんんッ」
祥子の顔を両手で抑えると、強引に唇を塞いだ。
さすが、よくわかってる。そう、祥子には強気に行ったほうがいい。

令は祥子の首に腕をまわしきつく抱き締めると、自分の胸で祥子の胸を押しつぶすような動きをした。
途端に祥子の抵抗が弱まったかと思うと、呆けて床にへたり込んでしまう。
そうか。祥子は胸が弱いのか……。勉強になった。

「一丁あがり、って感じねー。いやー、お見事」
横で聖が感心したように呟く声で我に返る。
そうだ……観察してる場合じゃなかった。


……逃げよう。
祥子には悪いけれど。済んでしまったものは仕方がない。
取り敢えずまだ無事な志摩子と祐巳ちゃんの貞操(?)は守り抜かなければ。

「聖!」
「うん?」
「令を五分足止めして。そしたら、前に私が蔦子さんから没収した
 祐巳ちゃんの秘蔵写真あげるから」
「え、それ本当?」
「本当よ。女の約束よ」
「……よしきた。令、次は私が相手よ」

聖ならそうやすやすと落とされはしないだろう。
威風堂々と令に挑戦にいく頼もしい背中にエールを送りつつ、
呆然と突っ立っている志摩子と、快感のあまりエクトプラズムが今にも出そうな祥子と由乃ちゃんを見て
顔を赤くしたり青くしたりしている祐巳ちゃんの腕をひき、ビスケット扉に向けて突っ走る。


……が。
「逃がしはしないわよ」
江利子が立ちふさがった。

「……どいて」
「そういうわけにはいかないわ。楽しいお茶会じゃない?最後まで付き合ってよ」
「……」
悪役はまりすぎ。

「それに、祐巳ちゃんと志摩子。このままここから逃げちゃっていいの?
 あなた達のお姉さまと、友人の由乃が可哀相じゃなくって?」
「おねえさま……」
祐巳ちゃんと志摩子が、迷うようなそぶりを見せる。
「ひ、卑怯よ……!」
と言うと、待ってましたとばかりに。
「あら、置いて逃げようとしたそっちのほうが卑怯じゃないかしら?」

全く口の減らない……!でも事実だから反論できない。どうしてくれようか……。
久々に私に口論で勝ったことが嬉しいのか、満足げに小鼻を膨らませている江利子を睨みつける。
なんとかしてこの天邪鬼をどかさなくては……。


「紅薔薇さま」
うまい反論を考えあぐねていると、聞きなれた凛とした声が頭の後ろで響いた。
……なぜ?

「そういう風に眉間に皺を寄せていると、美貌が台無しですよ……?」
うえぇ。なんだこの歯の浮くようなセリフは。
ていうか、足止めの聖は。まさか。もう……?

「ようこー。ダメだったわー。マジできもちいい……令、うますぎ。
 蓉子も味わっといたほうがいいよー」
「……」
顔をあからめて、オンナの表情になっている犠牲者が部屋の隅に、新たに一人。
うわぁ。弱っ。

「……蓉子、これはいわゆるチェックメイトというやつじゃないかしら?潔く諦めなさい」
心底嬉しそうな顔をする江利子……。

「さあ、令。メインディッシュよ。存分に料理してみせてね。
 うふふ、卒業までに一度鼻を明かしてやりたかったのよ。」
「承りました、お姉さま」

料理って。やっぱり、ああいうことだろうか……。

……マリア様。お助けください……。

後ろから腕を回される。心地よい重み。
「蓉子さま、さっきはごめんなさい。お茶をかけてしまって……」
「い、いいのよ、そんなこと。それよりこの腕を……」
「蓉子さまがよくても、私の気が済んでないんです。ハンカチでふく暇もなかったでしょうから、
 ふきとって差し上げます」
「だ、だからいいってば……ひゃっ」

いきなり頬をなめあげられた。生ぬるい感触と、背筋のぞくぞくする感覚が合わさる。
「うふふ。顔全体にかかってたものね。綺麗にしてあげてね、令」
「はい、お姉さま」

熱い息をはきかけながら、ことさらゆっくりと私の顔、首筋を舐め上げていく。
ランダムに、うまく左右に散らして。
背後にある令の動きが見えないものだから、次はどちらにくるか、期待……いや、考えこんでしまう。
右かと思ったら左頬へ。左だと思ったらうなじを奇襲され。油断していると容赦なく耳を。

「ああ……はあっ……」
神経をはりつめてはいけないし、油断してもいけない。

……こんなの無理だ。
「あーら蓉子。もう抵抗できないの?」
悔しい……けど気持ちいい。
頭がくらくらする……。世界がまわる……。

と思ったら本当に回っていた、というか回されていたようで、
いつのまにか令の微笑む顔が正面にあった。
いつもと同じなのに、いつもとどこか違う色気がある笑顔。
少年のような爽やかさが抜けて艶やかさが加味されたような……。
その笑顔が。近づいてくる。ゆっくりと。
……ああ、キスされてしまうのか。

唇が合わさった。
でも、軽く触れるだけ。
随分とそっけない。

……なぜ?他の娘にやったようにはしないの?
不満を感じて見上げると同時に、太股の間に令の片膝が差し込まれた。
「きゃっ、ぁ、ああっ」
思わず声が漏れてしまう。
「んんっ」
しかしすぐ塞がれる。時間差できた今度のキスは深く激しかった。

令の舌の動きは巧みだ。
歯茎をなぞられ、たまらず私が声をもらしそうになった隙に、
奥深くに侵入し私の舌をからめとり引きずり出し、私の舌に自分の舌と唇をからめ、しごくように動かす。

「ふっ……ぅ、ぷぁ、ああっ、ん」
ダメ……体の力が抜け……て。

「え?……あああっ!?」
力が抜けてへたりこもうとした私を鋭い刺激が襲った。
そうだった。わたしの股には、令の膝がさしこまれていたんだった。
座り込もうとすると……体重と膝に秘所がはさまれッ……て……っ。
そ、それに令、重みを感じたら膝に……ひねりを、くわえ、て……る……。

「だ、だめ、令、お願い、膝……」
「膝がどうかしたんですか?紅薔薇さま」
「あぁ、んっ、く……は、ああっんんッ」

もうダメだ。唇はまた塞がれてしまったし。ああ、また舌がしごかれてる……。
足もガクガクしてて、限界。そして膝が。膝が。膝が。こすれて……。
頭、白い……でも、こ、声だけは抑えないと……。

「くっふっ……ぁ、く」
「令。私は蓉子が可愛く鳴く声が聞きたいわ」
「……わかりました、お姉さま」
「!?」

令は唇を離し、わたしの両肩をつかむと……おもいきり下方向に押さえつけた。
膝の力と動きは、全く緩めずに。それどころか、上に突き上げるようにして。

「ひっ、ダメ……はぁん、ぅぁ、ぁぁあああアアアアッ!」
電気が背筋を貫き、同時に白くあやふやになる感覚。
「あああぁぁ……!……は、ア……」
……イッちゃった……。

悔しいはずなのに、快感がそれを塗りつぶしていってしまう。
視界がぼやけるのは、焦点が合ってないのか涙で潤んでしまっているのか、その両方なのか。

「蓉子……綺麗よ」
床にダウンしてうわのそらの私の顔の前で、江利子がほほえむ。

「それにしても、さすが私が見込んだ妹よ。令。いいもの見させてもらったわ」
「どういたしまして、お姉さま」
「ふぅ……満足。満腹。て感じね。もう思い残すことはないわ」

「でも、お姉さま」
「なに?」
「実は私はまだ満足していなくって」
「え?あなた、まさか本気で祐巳ちゃんと志摩子も襲うつもり?いくらなんでも私だってそこまで鬼じゃあ……」
「いいえ、お姉さま。違います」
「……どういうこと?」

「………………!
 ……ま、まさか、あなた」
「さすが私のお姉さま、察しが良い」

「私にとってのメインディッシュはお姉さまですので」
「ちょっ、待っ……ぃやぁああッ、そんな、待ちなさっ」
「あ、やっぱり。お姉さま、濡れてますね?」
「いやっ、やめ……い、いきなり指、入れな……!!」

……。
江利子め。因果応報。

しかしあんなの初めてだった。未だに体が動かない。恐るべし、支倉令。の酒乱Ver。

ふぅ……。今日の片付けは明日の朝に持ち越しかな……。
どこかに行ってしまった理性を取り戻すために段取りをどうするか、床に寝たままぼんやりと考える。
……と、誰かが近寄ってくる気配があった。

「よ・う・こ」
「せ、聖……」
「さっきは可愛かったねー?」
……やばい。

「な、何言ってるの……」
「私にも、可愛いところ見せて欲しいなー?」
「……い、今はダメ……」

「ダメとかいやとか無しだよ」
「ひゃっ」
聖は私の胸に手をのばし、優しくもみしだく。
うわっ……。きもちいい……。

「うーん、これが蓉子の胸かぁ……。あー、やらかい……」
「聖、ダメ、ダメなの、今は……ッ!今はダメだからぁッ!」
「ん?なんで?……イッた、ばかりで、ビ・ン・カ・ン、だから、かな?」
一語ずつに切って耳元で囁いてくる。ほんとに中年オヤジみたいにいやらしいんだから……!

「そ、そうよ、そのとおりよ。だから、もうちょっと待って」
「うーん。じゃあ、イッたばかりで感じすぎちゃうからダメなんです聖さまぁ、
 っていってくれたら待ってあげる」
江利子といい聖といいそろいもそろって……!ほんと、何考えて……!

「ふ、ふざけないで……ぇああっ、んあっぁああ!」
「ほら、言って?」
だ、だめだ。このままじゃまた意識が。
またあんな声を出してしまう……。


背に腹は、変えられないか……。
意を決する。

「い、言えばいいんでしょ……」
「うんうん。はやくイッて?」
「い……イッた、ばか、りで感じすぎちゃ、うからダメ、なんです、聖さ……ま」
なんて屈辱。でもやっと休め……
「じゃあ、感じちゃいなさい。紅薔薇さま」

え?

「そ、そんな……!ひどぃ、だめ、だめぇ……う、ひあっ、んっ!」
「さっきよおっく観察させてもらったからね。多分こことかこことか……くるでしょ?」
「え、うわっ、ひゃああっ!何、コレ……まだ、もう、すぐな…のに、イッちゃ……!」
「うわ……、手が、ビショビショ」

「蓉子、まだ出てくるよ……。……ていうか、かかる。すご……、もしかして、潮ってやつ……?」
え?え?
わたしが?

「う、嘘ッ」
「嘘じゃないよ。ほら、見て」
無理矢理視線を自分の太股の間に固定させられる。
…………!ぱたぱたと音をたてて床に落ちる水滴。

「……いやっ、や、やだぁ……なんでェ、あぁッ、なんでえぇ?」
聖が目をキラキラさせて泣きそうな私の顔を見つめる。
「ようこぉーッ!かっわいい……。もっと、もっとよ。もっと見せて!感じて!イッて!」
「やだぁぁああっ!」
意識が、飛んだ。




うーん。どうしよう……。
由乃さんと祥子さま、天国から帰ってこない塩の像が二つ。
天国への階段を登らされっぱなしの黄薔薇さま紅薔薇さま、責める令さま白薔薇さま。

そして隣には唯一正気の志摩子さん。

「ねえ、志摩子さん」
「祐巳さん……?」

そんなすがるような目で見ないでよ、志摩子さん。
「私達、なんだか置いてきぼりだね……?」
「え?ええっ?そ、そうね……」

「じゃあ、二人でしてみる?」
「ゆ、祐巳さん!?」
「えいっ」
「きゃっ」

きゃっ、だなんて、可愛いなぁ。すごく変な気持ちになりそう。いや、もうなってるかな。
うーん。勢いで押し倒してみたものの。どうしたらいいのやら。胸ばっかりどくどく波打って、頭が回らない。
とりあえず、白薔薇さまの真似をすれば……。それにしても、こっちは紅白なのにむこうは白紅かぁ。
なんだか面白いかも。あ、そんなこと考えてる場合じゃない。えっと……うわ、志摩子さんの顔、
アップで見たら改めて綺麗……。

「祐巳さん……。百面相してる」
「……あ。またやっちゃった」

わたし達はくすくすと微笑み合い……そしてごく自然に唇を重ねた。


終わり。(次の日の朝どうなったかは皆さんの想像におまかせ)
back