彼女、甘い彼女

『彼女、甘い彼女』

★シロップ漬けボーイミーツガールADV(18禁)

2015年08月16日 コミケ88 初頒布(DL・委託は9月上旬予定)
イベント価格¥1300 DL・委託¥1404〜1499
  CD-ROM 対応OS:Windows Vista、7、8
CG16枚+差分 プレイ時間3〜4時間 ヒロインフルボイス

体験版(プレイ時間一時間ほど) ダウンロード

販売情報

■ダウンロード版

    

■パッケージ版

 

STORY

逃避癖のある俺に彼女は言った。
「わたしに逃げれば?」

男子校に通う俺と、女子校に通う彼女。
初恋はレモンに砂糖と砂糖と砂糖を入れた、
世界で一番やさしい味だった。

彼女と一緒にいられるなら、
甘いだけでも生きてゆけます。

純粋あまあま、
シロップ漬けボーイミーツガールADV!

CHARACTER

 

音羽 ゆき(おとわ ゆき)

ある日出会った同い年の少女。

明るく朗らかで優しい性格。
甘やかしてくれる。
性格は少し天然ボケ気味で、
言動がときどきヘン。

女子校通いで恋愛経験はない。

(CV:柊やちる)

サンプルボイス
         

 
揺子 01 揺子 02 揺子 03 揺子 04

 

 

高尾 修士(たかお しゅうし)

主人公。
受験などに悩む普通の男子。
態度はぶっきらぼうだけど
顔は可愛いらしい。
主人公。

 

SCENE

scene CG 1 「高尾くん、彼女いたことないんだ」
ぐっと言葉に詰まる。ぐさっと胸に刺さる。

でももう今更だ。諦めた。確かに俺のこの一連の行動は明らかに彼女いたことない――童貞臭い。事実、童貞だ。

「……そうだよ」
「……うれしいかも」
「うれしい?」
「お互い、初めてならいいなって思って」

そ――そうなのか。彼女も初めてなのか。

目が合う。お互い探りあうみたいに見てから笑みを浮かべてしまった。
お互いだらしのない笑い方をしてると思う。恥ずかしくて、エロくて。

「これがでてきたっていうことは、もうすぐ射精?」
「けっこうやばい感じかな……」
「出せちゃいそう? わたし、上手かな?」

決して上手とは言えないと思う。

――俺の右手と比べれば。
しかしそれは比較相手が強すぎるだけだ。

「気持ちいいから、そのまま……、えと、もうちょっと早くかな」
「こう……?」

腕の動きが今までより若干早くなる。まだ手首のスナップを効かせるようなしごき方ではないけれど、十分心地いい。

「……」
「あ……。いま、声がまんした?」
俺は喉がからんだふりをして咳払いしてごまかした。
「ふーん……」
含み笑い。バレてる。けどいいや。

「ぅ、あ――」
「あれ? やっぱりわたし上手?」

なんでだろう。手の動きは拙い感じなのに、なんかたまに妙なところがくすぐられるような――。

「あ――」
動きを見ていて原因がわかった。
「袖……あたってる」
scene CG 2

scene CG 3 「ごめ、やばい……やばいから」
「じゃ、しゃせーしちゃお?」

「気持ちよくなってほしい……。だそう? ね?」

な、なんで言い聞かされてるんだろう。わけがわからない。けど甘い声に気分は高まる。

「ぇー……、ぇろぇろぇろ……、れる、ん……ぇろれろ……」

舌が左右に動き続ける。慣れない動きにちょっと疲れたのかさっきよりもぎこちない。
だけどそれが予想外の刺激になって心地いい。
「ん、しょっぱぃ……。どんどん出てくる……ぺろ、れう……」

どうしよう――。
まだもうちょっとなら我慢できるかもしれない。
これはこれで味わっていたいという気持ちもあって、でも――。
なんて考えていたときに、

「あ……!」

自分では全然予想しなかったタイミングでいきなりじわっとした快楽が登りつめてきた。
やばい。何の準備もしてない。このままじゃ――。

「ん、ちゅ、ぺろ、れる……ぇろぇろぇろ……」
「ごめ――、出る……!」

この前だしたときの感覚に近い。自分でするときとは違う、あふれだすような射精だけど――。

「ほら……ピース。よゆーだからね?」
「そ、んなこと……、しなくても……っ」

言いながら股間は反応していた。

彼女がわざとしているのかどうかわからないけれど、卑猥な写真のようにも見えてしまって。

「初えっち、大成功させちゃお……?」

「……っ」
scene CG 4

scene CG 5 「おなか……おへその、した……まで……」

とん、とん、と肉質の壁にぶつかる感触。
ゆきちゃんの子宮の形を思い浮かべてみる。そしてまたそこに注いで、汚すことを想像する。

――ぞくぞくした。

本能に忠実にひたすらそこを突く。

「ふぁ、あ……! ん……! すご、感じて……。うぅ、おちんぽ、かたい……っ」
「もっと、言って……!」
「え、なに……?」
「チンポって――」

「ぅ……ちんぽ……、きもちいい……! ぁ、はぁ、んぅうう!」

ものすごく変態っぽいと思うけど止められない。

「すげーいい……」

淫語に俺が体を震わせたことが伝わったのか――。

「ちんぽ、ちんぽ……ぁ、ん……! もっと、奥……、う、はぁ、はぁ、ちんぽ……して……、えへ、ん……!」

ゆきちゃんはもっとサービスしてくれた。

結合部から見え隠れするゴムをどうしても意識してしまう。やっぱりしてる。
だから感覚が微妙に違う。

「んっ、こすれるの……、いつもとちが……んっ、ぁあ……ッ」

ゆきちゃんのほうにもわかってるらしい。
襞にこすれる感覚のほかに、ゴムが伸縮して余ったみたいになってこすれてる感覚がある。
それが良くないわけじゃないけど、じかに襞にさすってもらう感じとはやっぱり違う。

「んっ、奥……、して……っ、ああ、んぅ……!」
scene CG 6

SAMPLE

Sample 1 Sample 2 Sample 3 Sample 4 Sample 5 Sample 6

DOWNLOAD

彼女、甘い彼女 体験版 version 1.0.0
ダウンロード

SYSTEM

オーソドックスなヴィジュアルノベルです。
システムは吉里吉里使用。
製品概要
タイトル 彼女、甘い彼女
ジャンル シロップ漬けボーイミーツガールADV(18禁)
内容 エンディング1種
プレイ時間3〜4時間ほど
発売日 C88三日目頒布(2015年8月16日)
DL版: 2015年9月上旬
価格 イベント ¥1,300 DL・委託 ¥1,404〜1,499
キャラクターボイス ヒロインフルボイス
画面サイズ 1024x768
グラフィック CG16枚+差分
動作環境
OS Windows XP/Vista/7 対応
CPU PentiumIII 800MHz以上
メモリ 512MB以上
HDD 700MB以上の空き容量が必要です

STAFF

企画・シナリオ

porori

原画・CG・キャラクターデザイン

wk.

音楽

madetake

waniwave

http://www.waniwave.com/

CV:ゆき

柊やちる

パッケージデザイン

街田竹生

http://chiku-sho.tumblr.com/

背景協力

露李鈴

※このゲームはフィクションであり、実在の人物・団体等とは一切関係ありません。また、登場する人物は全員18歳以上です。